スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
瓶詰  ←瓶詰 【--年--月】の更新記事一覧 →移植  移植
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

花粉管の観察

花粉管の観察

交配をするにあたって,ぶつかる壁の一つに狙った交配の花の時期が合わない事があります.
私は花粉を採取して冷蔵庫に保管しているのですが,半年くらい保存しても交配できたものがあります.
でも,花粉を取った品種によって可能な保存期間は大きく変わるかもしれません.
保存した花粉が生きている(?)かどうかを判別したいなぁ・・・
ってなことで,今日は花粉管の観察をしてみました^^
ネットで情報を集めると砂糖ゼリーに花粉をまぶして暫く待てば発芽してくるようです.
そんなこんなで幾つか砂糖の濃度を振りベランダで咲いているヘンダーソニーの花粉をパラパラっと!!
IMG_9038.jpg
↑で,花粉です.
ピントが合っていないのはご勘弁くださいw

IMG_9047.jpg
待つ事数時間.再び様子を伺うと・・・
おぉっ!発芽しています!!
花粉管がニョロっと出て来ていますね~
幾つか砂糖の濃度を振りましたが,発芽管が出てくる時間や割合にも変化があるようです.

が,ここでちょっと問題発生.
どうも発芽率が悪いようです.
ヘンダーソニーの花粉は花から直接とったので鮮度はいいはずですが,全体からみると発芽管が伸びる花粉は少ししかありません.
砂糖だけでは発芽率が良くないのか・・・それとも元々花粉の発芽率が低いのか・・・
幾つか新しい花から花粉をとって比較してみないといけないですね.
冷蔵庫で保存した花粉の発芽率はまず低下しているはずですから,新鮮な花粉の発芽率を上げる条件を少し模索してみたいと思います.
でないと花粉がどの位の期間保存できるか解からないよね~



IMG_9058.jpg
ちょっと発芽の割合を記録する為全体を写した写真です.
この部分&糖濃度では発芽率が元々低かったのですが,印象を強めに記録しておきます.
やっぱり発芽の割合は少ないですね~
時間をおいて観察しているのでバクテリアが増殖してきているのもわかります^^

090623.jpg
矢印の部分は花粉管核なんですかね~?
植物の構造とかは全く知らないので一回本でも読んでみようと思います^^
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
瓶詰  ←瓶詰 【2009年06月】の更新記事一覧 →移植  移植
 

~ Comment ~

i-237おはようです。

お茶さんすごいですね~
いつも思うのですが、生命科学の世界・・・・?生物学?こういうお勉強をなさっていたのですか~?
私は詳しくないので今日はコメができないのですが、興味はあるんですよ~

生物って神秘的で、動物、植物ともに好き・・・!
と言いますか、・・・ちょっとカワリモノかもですが、昔は蛙の解剖の授業とか平気な女の子で・・・i-201
私は別な系統の学部でしたが、もしももう一度・・・というチャンスがあるのでしたら、生物のジャンルもいいなあなんて思ったりしたことがありますよ。

3月うさぎさん こんばんわ~♪
いやぁ,なんとも道楽ですw
花のネタも特になくなってきたのでチマチマと遊んでいます.
学生の頃は確かに理系でしたよ~
性格的にも文系より理系寄りです^^
うさぎさんは解剖もやった事があるんですね!
私は中高大と一回もやった事が無いんですよ~
せめてカエルとか魚の解剖くらいやってみたかったですね^^

同じ穴の狢~?

なんとなく親近感がw
かく言うワタクシも動植物大好き&生物学的興味も大有りなので^^
(解剖なんかも…以下略w)

しかしお茶さん、どんどんディープ具合が進行してますね~w
クレマチスblogでこんな顕微鏡写真を見るとは…
花粉管が伸びているところもバッチリ!!
大変興味深く、楽しく拝見させていただきました♪

shimejiさん こんばんわ!
いやぁ~,なんともマニアックな世界に入ってきましたw
はたしてこんな写真をみても,普通に植物を育てている人にとってはどうなのか・・・^m^
まぁ,道楽ですw道楽♪
写真も綺麗に取れればいいのですが,手持ちのコンデジはマニュアル操作の機能が無くて・・・
結局昔からのとりあえずの記録写真が溜まっていきます(爆

花粉保存したい♪

お茶さん、こんにちは♪
でたぁー顕微鏡写真(^^)
面白いし勉強になります。花粉管ってすぐに発芽してくるんですね。あれが子房の中の種まで伸びてゆくの?
神秘ですね~♪
確かに花粉を保存しておきたいことが年にしばしば!
うんうん、早咲きと、遅咲きのクロスにも有効だし。
なるほど花粉の生存率も個人差あるのかぁ…
顕微鏡で確認するっていいね!
画像に残すには、もしかして顕微鏡もデジタルなのですか?

大地さん こんばんわ!
いやぁ道楽で顕微鏡写真を撮ってみました^^
花粉はやっぱり保存できるといいですよね~
せめて半年,できれば1年保存できればかなり交配イメージも膨らみそうです.
確かめていないのでなんともいえないのですが,品種によっても花粉の寿命は変わるかもしれませんね.
でも,それより花粉の採取時期・方法や保存の仕方が大きく影響するかも?^_^?
画像に残すのは接眼レンズにデジカメをあてるコリメート法を使っていますよ~
PCに繋げる顕微鏡は道楽ではとても手が出なかったです(笑
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。