スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

果球は出来る?

果球は出来る?

IMG_0579.jpg
IMG_0582.jpg
Clematis gentianoidesの果球です.
今年は花を見るのが目的だったため,特に袋掛けなどはしていませんでした.
でも,なんとなく花がもったいない(笑)ので手持ちの花粉を雌蕊にスリスリしてみたものです.
子房も少し膨らみ種子が採れるかもしれませんが,雌雄異株の品種のためあまり期待していません.
タイミングが合えば無菌播種でレスキューを試みようと思います.

ちなみに花は・・・
img_cache_tc_17475_1_1337515501_jpg.jpg
↑雄花

img_cache_tc_17475_2_1337515501_jpg.jpg
↑雌花
と,なんとなくですがフォステリー系の感じを残しています.

CIMG2347s.jpg
CIMG2347cu.jpg
この品種(クレマチスの雌雄異株品種?)の面白い所は,雄花の中に雌蕊ができる事があるんですよね.
↑写真の矢印の部分は雄花の中にある雌蕊です.
1976年の文献によれば,この雌蕊も稔性があり種子を採る事が可能な様です.
私は植物について詳しくないので,植物の性は遺伝的にどのように制御されているのか全く知らず・・・orz
やはり一度は調べて勉強しないといけないですね^^;A
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。