スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

2年前の花粉

2年前の花粉

一昨日の事ですが,冷蔵庫に保存している花粉を使って受粉作業をしてみました.

CIMG2011.jpg
使用した花粉は2010年4月に保存を開始した面白の花粉です.

CIMG2007.jpg
今回は花粉の保存期間の確認を目的としているため,親和性の影響を考えてそのまま面白に受粉してみました.
使用した蕾は↑のもの.


CIMG2008.jpg
これをザックリと蕾を押し開いて・・・


CIMG2009.jpg
ピンセット等を使って雄蕊をすべて取り除きます.
もちろん花弁ををすべて除いてもOKです.
また,蕾を開いた時又は除雄を行う時はは必ず雄蕊に花粉が吹き出ていないかを確認します.
これはクレマチスだと花が開く前に蕾の中で葯が開いている事があるため,
交配を行ったつもりが実は自家受粉だった・・・という結果を防ぐためです.
クレマの種蒔きだと開花まで数年かかるので,その間の労力が無駄になってしまいます.
また,個人的に交配を行う場合は良いのですが私はブログとしてネット上に情報を流しているため
誤った情報を世間に流さないためにも,この交配の部分には気を使っています.
少しでも交雑の可能性がある時・方法で交配をした時は私は花粉親をunknownとして表記します.
まぁ,本当に厳密に行う時は花粉を集める花も蕾の段階から袋掛けをしたりしますけど^^
とはいっても上記の内容はあくまで私のマイルールとして行っているものなので,気楽に交配・種蒔きを楽しみましょ~♪

CIMG2012.jpg
話題がそれちゃいましたが,除雄した後は花粉をスリスリして・・・


CIMG2013.jpg
フタ(?)を閉じます.
除雄する時に花弁も除いている時はこの操作はいりません.

CIMG2014.jpg
そうそう!ラベルも忘れずに付けておきます.
最低でも花粉親の情報と交配日を書いておくと後々の参考になります.

CIMG2015.jpg
ラベルを交配した蕾につけたら・・・

CIMG2016.jpg
茶漉し袋で更に袋掛けします.
上の花弁で軽くフタをした状態だと虫は簡単に隙間から進入するので要注意です.

今回蕾の段階の雌蕊で受粉したため,まだ雌蕊が成熟していなかった可能性があります.
そのため,数日後もう1度受粉作業を行う予定です.
2年前の花粉の状態ですが,若干乾燥しすぎているのか軽い?(粉っぽい?)感じがしました.
去年からの保存花粉も検討しておいた方がよかったかも?^_^;ゞ
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。