スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

うーん...orz

うーん...orz

CIMG0453.jpg
CIMG0452.jpg
前回怪しいと踏んでいたテセッンの果球ですが,枯れこんできちゃいました~
これで今年の目標の一つだった壷系との交配が全滅ですねorz
残念ではありますが,今年は壷系との交配で種子がちゃんと出来てくることは確認できたので,来年またチャレンジしたいと思います^▽^b

あとはハダニ対策ですかね~
ベランダ園芸をしている私の環境ではどうしても発生しやすいようです.
ハダニはどうもフロリダ系を好むらしく,今年はフロリダ系の品種を固めて配置してしまったのもハダニを増加させた一因だと思います.
同じ性質(弱点?)をもつ株はあまり固めて育てない方が,病害虫が発生した時,拡散の度合は少なくなりますね.
これは昔クリスマスローズの販売業者がメリクロンは病気に弱いと言っていたのと似た状態だと思います.
狭いベランダですが,育苗場所についても日当たりだけで無く特性も考えていこうと思いました^^
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

早く来年も交配したいです!

お茶さん、こんにちは~
う~ん、おしい(^^;)もうちょっとなのに残念。
テッセン交配、大地は全滅でした(テレ笑)
でも、来年もチャレンジしましょう。夢がありますもの!
壺クロスって未知なる感じでそそります。大地も2花しかけましたが早々に雌しべが枯れて…
ブレーブタイ的なセミダブルや、2段咲きっぽいのが咲いたら楽しいですよね♪

大地さん こんばんわ!
惜しかったんですよね~
今年は壷系の他に前から気になっていた交配の果球も出来ていたんですけど・・・orz
前々から親和性は解かっていたんですが,苗が育てられない交配パターンが幾つも出て来てしまっている状態です.
種子を作るだけでなく,育苗の技術も勉強しないといけないですね.
壷系とテッセンの交配は日本だとflepplandさん,海外だとフロリダ(一重のテッセン?)との交配でBrianさんがやられていたと思います.
今現在だと一重のテッセンを使って,ナーセリーや個人の方々が実生苗を育てて選抜をしているところでしょうか?^^
私としては壷系との交配は花形というより,後の交配のための色が欲しいというのが本音という所です^▽^ゞ
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。